浮気の意味や対処法

浮気というのは自分に関係無いようで、常に付きまとう問題です。
また男性と女性で浮気の意味や対処、行動など様々です。

女性の浮気は厄介だと言われています。浮気にハマり込んで家庭を顧みなくなるからです。
特に子供がいる場合には離婚という選択は大きな影響を与えてしまいます。
妻が浮気した場合でも養育費の負担は夫側に発生します。被害者であるにもかかわらず不利益を被ることになります。


  • 浮気が発覚したらまず、これからの生活について最善の方法を考えましょう。最終的に離婚なのか、夫婦生活を継続するのかは冷静に時間をかけて判断する必要があります。妻の浮気が確定的でない場合には、疑いつつも浮気していないかもしれないと思うのが当然です。しかし、些細な事にも気を配って浮気の兆候を探しましょう。

浮気していないなら気にしすぎです見ますが、何も気にしないで浮気をされているのが一番問題です。

浮気を探るのも慎重に探りましょう。女性は浮気を疑われていることを敏感に察知します。
浮気していないのに浮気を疑われていたと思うと女性は傷つき、夫婦関係に影響が出ます。あくまで慎重に探りましょう。

浮気がほぼ確定的になってきたら、証拠を集めましょう。その後の自分に有利になるものを集めておくことが大切です。
浮気が発覚した時に有利になるようにする必要があります。

妻の浮気の場合、夫側は損することが多いです。浮気を許し、夫婦関係を修復することになれば、夫側も努力が必要になります。
離婚するとなっても、夫側の不利に働くことが多いです。しっかりと自分が損をしない方法を選んで行きましょう。
離婚調停で有利に不倫の証拠にもつながる重要な事です。
詳細は早期解決浮気調査(http://uwakityosapuranni.net/)で確認!!


浮気の後に待ち受けるのは離婚だけではありません。妻がしっかりと反省しているなら良好な夫婦関係を気づけるかもしれません。
しっかりと話し合う事で最善の選択は自ずと現れてきます。

慰謝料の請求

浮気相手への慰謝料請求は離婚をする場合はもちろんですが、離婚をしない場合にも請求する事ができます。
離婚をしない場合にはせっかく修復できそうな夫婦関係を壊しかねない場合もあります。浮気相手の状況や人柄、浮気の度合いなど様々な事を判断して、どうするか決定しましょう。

浮気の事実を認めたとして、浮気に関しての物的な証拠がない場合には、慰謝料の請求は難しい事があります。
誠実な人であれば、浮気の事実を認め、慰謝料を払ってくれるかもしれません。
しかしそうでない場合がほとんどです。物的な証拠がないのをいい事に浮気の事実を認めず、慰謝料を取るのは難しくなります。
性的な関係を発覚させるのは不可能に近いので、友達だと言い張られれば、それ以上の追求はできません。

慰謝料の請求には必ず妻の浮気相手との話し合いが必要になります。直接会う事に抵抗がある人もいるのではないでしょうか。
もちろん文書のやり取りで慰謝料を請求する事もできます。その方が、浮気相手を精神的に追いつめる事ができ、結果的に慰謝料の請求が有利になる事もあります。
しかし、少なからずの接触がある事はさけられません。浮気相手と接触する事で自分自身の精神にも影響がある場合があります。
人によっては慰謝料の請求よりも、浮気相手と接触しない事を選んだ方がいい場合もあります。

慰謝料の請求の場合には妻との関係も考える必要があります。
妻と離婚する場合には慰謝料を請求する事による関係悪化を考える必要はありませんが、妻との夫婦関係を継続する場合には慰謝料が懸念材料になる事もあります。
慰謝料というお金をもらう事でいつまでも浮気相手の存在がちらつく事になるからです。
また、浮気の事実の確認を進めるうちに、妻への責任追及に話がそれ、結果的に夫婦関係の悪化につながる事もあります。

慰謝料を請求したい気持ちはもちろん当然です。しかし、請求する場合のメリット、デメリットをしっかりと考えてから判断する必要があります。

更新情報

△PAGE TOP